自動車免許は春休み、夏休み、冬休みなどを利用して最短で取得可能な合宿免許がおすすめです!!

合宿自動車免許を最短で卒業するために

合宿自動車免許

万が一、事故に遭った場合・・・

投稿日:2016年6月4日 更新日:

誰も好きで事故を起こすドライバーはいませんが、万が一事故に遭った場合あなたは何をしますか?

 

 

 

■ 事故を起こしてしまった場合

 

 

まず、落ちついてください。焦ったり、びっくりして逃走とかやめて下さいね。

 

 

最初にすることは ケガ人の救護

 

 

 

相手、搭乗者にケガはありませんか?首が痛い、頭が痛い・・・すぐに救急車を呼びましょう。その時に一緒に警察にも連絡して欲しい旨を伝えれば、連絡してくれます。

 

 

・どんな状況で何人ケガをしている

 

・ケガの状態

 

 

 

自分で連絡できなければ、近くにいる人誰でもいいのでお願いしましょう。

 

 

 

救急車、警察への連絡が終わったら、次は

 

 

 

保険会社に連絡

 

 

 

24時間フリーダイヤルとか24/365体制をとっているのですぐに連絡をしましょう。そして何をすればよいのか聞いてください。

 

 

 

あなたは、保険会社に連絡をすることで、きっと落ち着きを取り戻すことができます。保険会社の方の的確に何をしてください。といってくれるはずです。

■ 事故を起こされてしまった場合

こちらも同じです。ケガ人がいればケガ人の救護、そして警察への連絡、そして保険会社への連絡。

 

 

 

余裕があれば、相手の連絡先、名前、任意保険会社などを聞いておきましょう。

■ 絶対にしてはいけないこと

・その場から逃げてしまうこと

 

 

犯罪になってしまいます。車を運転するということはそれなりの責任があるということです。

 

 

 

・その場で示談してしまうこと

 

 

 

例えば、あなたが信号で停車中に追突されてしまいました。相手の方が、修理代5万で示談してくれなどと言ってきても、絶対に示談せず、警察へ事故届けを出しましょう。

 

 

 

後から、首が痛い、頭が痛いといっても示談後、では何もできなくなりますから。

-合宿自動車免許

Copyright© 合宿自動車免許を最短で卒業するために , 2018 AllRights Reserved.