自動車免許は春休み、夏休み、冬休みなどを利用して最短で取得可能な合宿免許がおすすめです!!

合宿自動車免許を最短で卒業するために

合宿自動車免許

高速教習ってどんなことをするの?

投稿日:

自動車免許の取得のイメージって、教習所内をグルグルと車で回るイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

もちろん、そういった教習所内教習も受けるのですが、高速道路を実際に走行する教習というものも受けたり、機械でのトレーニングを受けたり何かしら高速道をを自動車で走るための科目があるのでこの高速教習についても十分に理解しておきましょう。

 

 

 

 

そもそも高速教習とは・・・

高速教習というのは、その名前からもお分かりになりますように高速道路を安全に乗り降りできるための教習になります。

 

 

 

自動車を運転するようになったら、街中を運転するだけではなく海や山へ行くために高速道路を利用する可能性も高くなります。そういったときのために、高速自動車教習があるのです。

 

 

 

教習所にもよりますが、シミュレーターマシンを利用して高速教習をしていくこともあるのですが、高速道路が近くにある場合には実際に高速道路で教習がおこなわれることになります。

 

 

 

高速道路なので教習所内の速度とは全然違うことにびっくりするかもしれませんね。車が一台一台かなりのスピードで走る高速道路ですので、教習とはいえ、不安や怖い思いを感じる方がほとんどかと思います。

 

 

 

しかしながら、高速教習もポイントを押さえておけば簡単にクリアできるものです。ひとりで高速教習をするわけではありませんので、必要以上に不安を抱える必要はありません。

 

 

 

あなただけが高速教習を受けるのではなく、教習所に通っているほかの仲間もみんな同じように高速教習を受けるので安心して大丈夫ですよ。

 

 

 

 

高速教習のポイントは3つ

739da3cf37e8d337c504fa78c4f729a1_s

 

 
高速教習のポイントは3つあります。ひとつは料金所への入り方です。料金所に入るまでは、一般道と同じ制限速度で走行しつつ、後続車を気にすることなく、あくまでも安全にゲートを通過することを心がけましょう。

 

 

 

場所によってはETCで楽々高速道路に入ることができる場合もあります。もうひとつは制限速度です。高速道路に入ったからといってすぐにスピードを上げるのは厳禁です。

 

 

 

あくまでも制限速度を気にしながら走行していくべきですし、天候が荒れている場合、雨など視界が悪い場合にはさらに速度を落として走行すべきです。

 

 

 

そして、最後のひとつが本線に入るときです。これが一番難しいところになるかと思いますが、普通車一台分くらいの車間距離は空いているはずですので、ウィンカーを出しながら車と車の間に入っていくだけです。

 

 

 

無理矢理入ろうとするのは危険ですし、かといって立ち往生してしまうと後続車の迷惑にもなってしまいます。怖がって本線に入れずにいると大変危険なので他車と同じスピード感で本線に車線変更すれば大丈夫です。

 

 

 

不安を抱えながらも勇気を出して、タイミングを見ながら入っていくということが大切です。ただ、この部分に関してはしっかりと教習所の教官からの指導が入りますので、真面目に指導を受けていれば誰もがクリアできるものです。

 

 

 

最初が不安などは全員同じですので、まずは勇気を出して入ってみるということを実践していきましょう。車を運転するようになれば、当たり前のことになるものです。

 

 

 

高速教習のあるあるとしては終わった後はみんな怖かったと思っていることです。みんな最初は怖いものですが、慣れるとそうでもないことですし、高速道路を使わないと行動範囲が狭くなるので今後必要になる事なので悪いイメージを持たないようにしましょう。

 

 

 

トラックなんか意外と早いので注意ですね。大きなトラックが後ろにつくと嫌なので最低速度、最高速度を守って運転しましょう。

 

 

 

 

-合宿自動車免許
-, ,

Copyright© 合宿自動車免許を最短で卒業するために , 2017 AllRights Reserved.