自動車免許は春休み、夏休み、冬休みなどを利用して最短で取得可能な合宿免許がおすすめです!!

合宿自動車免許を最短で卒業するために

合宿自動車免許

合宿免許 卒業後にする事とは

投稿日:

合宿免許では最短で2週間(13~15日程度)の合宿生活を伴った自動車教習で自動車免許の取得を目指していきます。

 

しかしながら、合宿免許を卒業すれば自動的に免許がもらえるというわけではありません。合宿免許を卒業することははあくまでも免許取得までのステップに過ぎないのです。ここでは、合宿免許を卒業した後にすることについてお話ししていきましょう。

 

 

卒業検定後は自由の身に

合宿免許の最後の日には、卒業検定というものがおこなわれます。これに合格することによって、合宿免許の卒業となります。

 

この卒業検定に合格したら、そのまま教習所から最寄りの駅まで送ってもらうといった形になります。このまま自宅に帰ってもいいですし、余裕のある方は周辺を観光するというのもいいでしょう。

 

卒業後には、ひとまず自由の身となるのです。合宿免許の最大の目的は卒業証明書をもらうことです。当然、学科、技能が規定レベルに達してからこそ卒業することができるわけです。

 

この卒業証明書がないと学科試験で技能試験を受けなければならないのでとても大変です。なので、なれない合宿生活ではありますが、途中でやめることなく最後まで頑張って卒業証明書を取得しましょう。

 

そしてやっと自宅に戻ったり、地元に帰ることができるわけです。苦しいこと、辛いこともあるかもしれませんが、やっと一時的な拘束された生活から解放されるわけです。

 

 

運転免許センターでテストを受ける

合宿免許の卒業後には、卒業証明書というものをもらいます。この有効期間は1年となっており、1年以内に運転免許センターでテストを受け、合格しなければいけません。

 

運転免許センターでテストを受けて、それに合格してようやく免許の取得ができるのです。知識やスキルが身についているうちにテストを受けたほうがいいので、合宿免許卒業後なるべく早い時期に運転免許センターでテストを受けておきましょう。

 

この1年間の間に試験に合格しないと折角とった卒業証明書は無効になってしまいます。なので、気持ちが高まっている早い時期に試験を受けることが大切になります。

 

余裕をもってのんびりしていると免許取得のモチベーションが下がってしまい、学科試験の勉強もうまくいきません。合宿免許卒業後すぐにテストを受けたからといって何の勉強もしないままでは、学科テストで落ちてしまう可能性があります。

 

実際に、合宿免許を卒業して、何の復習もしないまま運転免許センターでテストを受けるという方は多いのですが、そういった方の中で学科テストで落ちてしまう方は少なくありません。

 

合宿免許を2週間頑張ったということで自信をつけてしまうのか、「余裕でいける」と舐めてかかる方が多いのです。運転免許センターでのテストというのは、甘く見ていると落ちます。

 

合宿免許では微妙なラインでもOKをもらえることもあるかもしれませんが、運転免許センターは最終関門のようなものですので甘くはありません。それなりに厳しいです。

 

できれば、合宿免許を卒業して、一度全部を復習した上で運転免許センターのテストを受けるようにしていきたいものです。合宿免許で勉強したからもう勉強はしたくないという気持ちもわからなくはないですが、免許を取得するために合宿免許に参加したのです。

 

合宿免許にかかった費用、合宿免許で学んだ知識やスキルを無駄にしないためにも頑張りましょう。合宿免許卒業後にすることは自動車免許試験のための勉強をして試験を受けることです。計画的に試験勉強をして高いモチベーションがあるうちに試験を受けるようにするとよいでしょう。

 

 

-合宿自動車免許

Copyright© 合宿自動車免許を最短で卒業するために , 2017 AllRights Reserved.