自動車免許は春休み、夏休み、冬休みなどを利用して最短で取得可能な合宿免許がおすすめです!!

合宿自動車免許を最短で卒業するために

合宿自動車免許

合宿免許の合宿生活は厳しいの?

投稿日:

短期集中、最短14日ほどの日程で免許の取得を目指す合宿免許ですが、気になるのがその合宿生活です。

 

 

 

自宅を離れ、合宿という特殊な生活をしていくことになりますので、どのような感じなのかが気になって仕方がないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

宿泊施設にもよりますが、教習所での講習以外は余裕があります。ここでは、合宿免許の合宿免許が厳しいのかということについてお話ししていきましょう。

 

 

 

 

時間を守れば後は自由

合宿というと、どうしても学生の頃の修学旅行や勉強合宿といったものをイメージしてしまう方も多いのではないでしょうか。そのため、かなり厳しいイメージを持っている方も少なくありません。

 

 

 

しかしながら、合宿免許の合宿生活というのはそこまで厳しいものではありません。基本的に、時間を守ることができるのであれば、それ以外は比較的自由です。

 

 

 

空き時間も出てくるでしょうから、そういった時間は観光などをすることもできます。起床時間や就寝時間も決まっていません。もちろん、あくまでも他の人に迷惑をかけないという前提での話です。

 

 

 

宿泊する場所が自動車学校の寮などになると多少時間の制約も出てくるでしょうが、それ以外の宿泊施設の場合には基本的に自由です。門限もありません。ただ、何でもOKということではありません。

 

 

 

レオパレスのようなアパートタイプやホテルタイプであれば門限に対する時間制限はないですが、プランによっては旅館に宿泊するケースもあります。旅館の場合館内は自由ですが、外出となると制限が出てくるので宿泊先に迷惑がかからないよう配慮する必要があります。

 

 

 

なので、時間を守る事としては食事の時間があります。食事時間を過ぎているにもかかわらず食事を要求するのは間違いなので、時間を守って食事を摂るようにしましょう。

 

 

 

朝など食事より寝ていたいという人もいると思いますが、費用の中に含まれているプランが多いので食べたほうがいいです。また、移動のバスの時間もあるので寝坊して乗り遅れることのない様にすることしないといけないですね。

 

 

 

自由だからといって夜遊びばかりしていると次の日の授業に影響が出てくるので、免許合宿期間はほどほどにしましょう。

 

 

 

 

勉強の面では厳しい

c514b98a3baf18cb79f9adf7874499d4_s

 

 

 

自由時間もありますし、時間を守ることができれば比較的自由な合宿生活ではありますが、勉強の面では厳しくなります。もちろん、どのような方が指導にあたるのかという問題もありますが、何よりも勉強時間です。

 

 

 

というのも、免許の取得まで通いであれば1ヶ月2ヶ月は当たり前にかかるものです。それを合宿免許ということで2週間程度の短期間で完了させるのですから、勉強面ではかなり詰め込むことになります。

 

 

 

学科の授業だけでなく、休憩時間に自習をするということもありますし、自由時間を全部自習につぎ込んだという体験談もあります。

 

 

 

合宿免許生活自体はそう厳しいものではないのですが、勉強という面で見たときに免許合宿生活はかなり厳しいものになってくるでしょう。

 

 

 

中には合宿生活で他の人との出会いを楽しみにしていたものの、結局勉強に時間を取られて出会いを楽しむ余裕もなかったという体験談もあるほどです。

 

 

 

他の方が1ヶ月単位でクリアしていくものを2週間ほどでクリアしようというのですから、やはりその限られた期間内に詰め込んでいくことになります。

 

 

 

時間の面では比較的自由なものの、勉強の面ではかなり厳しい生活になるということを自覚した上で合宿免許を利用していきたいものです。実技試験もそうですが、学科試験があるのでこの壁を超えないと進めません。

 

 

 

当然ながら合宿期間延長ということもあり得ます。遊ぶときは遊んで勉強するときはしっかりと予習復習する時間を作って楽しい合宿生活を送ることが最短で楽しい免許合宿生活になります。

 

 

 

-合宿自動車免許
-,

Copyright© 合宿自動車免許を最短で卒業するために , 2017 AllRights Reserved.