自動車免許は春休み、夏休み、冬休みなどを利用して最短で取得可能な合宿免許がおすすめです!!

合宿自動車免許を最短で卒業するために

技能教習

第2段階 3章 適切な通行位置

更新日:

適切な通行位置で学習することは、

 

「道路の形状に合わせて適切な通行位置を選べる。」これはとても大切なことなのでこの章でしっかりと学習しましょう。

 

実際の道路では駐車車両や障害物、自転車など常に変化した道路状況です。

 

そこでこの章で学ぶ適切な位置を通行することで危険を回避し安全に通行できるようになります。

 

 

基本的には道路の左側を走行する

日本では、自動車は道路の左側を走ることが道路交通法で決められています。「キープレフト」というもので、すでに勉強しているはずですのでご存知かと思います。

 

それぞれが好き放題にあちらこちらを走っていては、安全運転というのはできません。この「左側を走る」というルールがあるからこそ、安全運転というものが可能になってくるのです。

 

基本の通行位置というのは、このように道路の左側です。ただ、中央線がある道路ではセンターラインから左側を走ることになります。中央線という名前から、道路の中央にあるものと考えがちなのですが、実際には道路の真ん中にあるとは限りません。

 

時間によって中央線が変わることもありますし、1車線と2車線が対称になっていないということもあります。こういったこともありますので、標識などでこまめに確認をしておくことが大切です。

 

もし、通常の道路に比べて左側に余裕がある道路ということであれば、少し左寄りを走行します。通常のキープレフトよりもさらに意識して左にということになります。

 

これによって、対向車とのすれ違いや追い越しにおいて安心感が増します。また、センターラインのない道路もあります。ちょっと細い路地や裏道などこのパターンですね。中央線がないからどこでもいい。ということではありません。

 

やはり道路に対し左側を走行します。道路幅にもよりますが、車2台通れるセンターラインのない道路であれば対向車のことも考えて左側を走行します。ですが、車2台ぎりぎりの道路もあります。

 

そんな時はあまりギリギリを走っていると路肩へ脱輪の可能性もあるので対向車が来るまでは左側よりも真ん中当たりを走行し対向車が来たら左に寄るようなことも実際にはあります。これが適切な通行位置になるでしょう。

 

 

左側を走行すればいいだけではない

2c3f8a53afe3c00ee4f61bec81c9cd09_s
基本的にはキープレフトが決まりではありますが、だからといって左側を走行すればいいだけではありません。状況によって臨機応変に通行位置を変えていく必要があります。

 

例えば、車線がたくさんあるときには一番左車線が遅い車、その右となりが速い車、一番右側の車線はあけておくというのがルールです。一番右側は右折をするときや追い越しのときに使うのです。

 

これ以外にも、標識や道路標示によって走行する位置を変えていく必要があります。

 

また、基本的にはキープレフトなのですが例外もあります。どのようなものが例外になるのかというと、一方通行の道路です。一方通行の道路では対向車が来ないので右側であっても走行できます。

 

道路工事などの影響で左側を走行できないときもあるでしょうし、右側通行の標示があるということもあるでしょう。こういったケースも例外的に右側走行が許されます。

 

というよりも、そうしないと安全を確保できませんので仕方ないのです。

 

基本は左側走行ということを頭に入れつつも、標識やそのときの状況を十分に確認した上で一番安全な通行位置というものを見つけ、実際にそこを走行するようにしましょう。

 

2章 交通の流れに合わせた走行

■ 4章 進路変更

 

免許合宿ライブ

免許合宿ライブ

試験問題

-技能教習
-

Copyright© 合宿自動車免許を最短で卒業するために , 2018 All Rights Reserved.