自動車免許は春休み、夏休み、冬休みなどを利用して最短で取得可能な合宿免許がおすすめです!!

合宿自動車免許を最短で卒業するために

技能教習

14章 標識・標示に従った走行

投稿日:2016年9月3日 更新日:

この章では標識・標示に従った走行について学びます。

 

 

 

「必要な標識・表示を素早く読み取ること。そして、それに従った走行ができること。」が練習目標となっています。

 

 

 

自動車運転する以上、標識表示は絶対的な存在です。それは自動車が安全に走行できるように標識があったり道路標示がなされているわけです。

 

 

 

なので、そんな親切心を見ていないということはいけないことなんです。たとえ急いでいるからと言って道路標識や表示を無視してはいけません。

 

 

 

標識を覚えること

8639aac2b5b9e0bc5908ecbe997eb8b2_s

 

 

 

運転をする上で視野を広く取ることの重要性については、これまでにもしっかりと勉強してきたかと思います。忘れた方は今一度復習をしておきましょう。

 

 

 

視野を広く取るというと、どれだけ広い景色を認識できるかというところにばかり気を取られてしまうかもしれませんが、走行中にはできる限り標識や標示にも注意しておきたいものです。

 

 

 

標識はまず、覚えなければなりません。標識を覚えて、その標識の意味を瞬時に理解できるようにしておかなければなりません。もちろん、その標識の意味を理解した上での運転も必須です。

 

 

 

標識の意味を知らなかった。見ていなかった。などは全く理由になりません。道路交通法違反になり反則切符の対象になるのでしっかりと覚えておきましょう。

 

 

 

合宿免許における教習所内には、いろいろな標識が立っているかと思います。基本的に教習所に存在する標識というのは、すべて技能に関係あるものになります。

 

 

 

少なくとも教習所内にある標識については、その意味の理解、その意味を理解した上での適した運転ができるようにしておかなければなりません。中には「この標識いらないのでは?」と思うようなものもあるかもしれませんが、知っておいて損はありません。

 

 

 

積極的に勉強していきましょう。教習所内の標識がすべてではありません。たくさんの標識がありますし、道路標示があります。

 

 

 

教習所で習っていない、合宿免許で教わっていない。は、通用しません。

 

 

 

教習所での教本に道路標識について書かれているものがあると思いますので理解しておきましょう。自動車免許を取得し自走者を運転することは知らない。は、通用しないことなんです。

 

 

 

 

押さえておくべき標識

9acecfd52bb19d1d3d6fd488b1b8a935_s

 

 

 

いろいろな標識があり、基本的にはそのすべてを理解しておきたいものです。ただ、その中でも特に押さえておくべき標識というのはあります。

 

 

 

それが「一時停止」と「踏切」です。

 

 

 

一時停止の標識があるのにも関わらず一時停止をしない、踏切の標識があるのにも関わらず踏切で停止しないといったことがあれば、検定では一発でアウトになってしまいます。

 

 

 

 

 

95023f615f81c9af5d18f9bf065c68b3_s

 

 

 

 

 

それだけで不合格になってしまうほど重要な標識であるということになります。

 

 

 

違反行為になりますので、仮に免許を取得した後でも警察に捕まってしまい反則切符、減点、反則金の納付と痛い目にあいます。

 

 

 

とまれの標識や標示のところでは、停止線の手前で確実に止まるようにしましょう。確実に止まるというのは、確実にタイヤの回転が止まるまでということになります。

 

 

 

車を運転していれば、速度に関する標識や標示に出くわすことも多々あるでしょう。そういった指示速度区間では、必ずその速度が出せるようにしておきましょう。

 

 

 

標識や標示というのは、車を運転する方だけではなく、同乗者やその周辺にいる方すべてを守るために設置されているものになります。

 

 

 

「守らなくても大丈夫だろう」という甘い考え方は捨てて、運転しながら標識や標示をしっかりと守れるようにしましょう。

 

 

 

教習所内の道路標識はとても見やすいものですが、仮免をとって路上教習をするようになると一般道路を走行することになります。その時にわかると思いますが、たくさんの道路標識が出てきます。

 

 

 

次から次へと出てきます。初心者なんで。。。とか、初めてきた場所なので。。。といったことは全く通用しません。

 

 

 

自動車免許をもって運転する責任があるという認識を持ってハンドルを握りましょう。すべては運転しているあなたの責任になることなんですから。。。

 

 

 

第13章 障害物への対応

 

第15章 信号に従った走行

 

 

-技能教習
-

Copyright© 合宿自動車免許を最短で卒業するために , 2017 AllRights Reserved.