自動車免許は春休み、夏休み、冬休みなどを利用して最短で取得可能な合宿免許がおすすめです!!

合宿自動車免許を最短で卒業するために

合宿免許で人気の教習所はどこ?

自動車教習所を最短、短期間で卒業できると人気の合宿免許は全国各地、さまざまなところで利用することができます。

 

山形、福島、茨城、栃木、神奈川、埼玉、静岡、千葉、福岡などの東北、関東、関西、九州は人気があります。

 

せっかく合宿自動車免許を利用するのであれば、食事がおいしいとか、温泉があるなど人気の教習所に行きたいという方も多いのではないでしょうか。合宿免許で安い人気の教習所についてご紹介したいと思います。

 

338742

 

 

東日本の教習所が人気

日本を西日本、東日本とわけて見たときに、合宿免許においては東日本の教習所が高い人気を誇っています。

 

教習所だからといってすべての教習所が合宿免許取得できるプランがあるとは限りません。教習所というよりは一部の教習所で合宿施設があり合宿教習を受けることができるということになりますね。

 

数ある合宿免許教習所の中でも早い段階で残りわずかとなっている新潟県新潟中央自動車学校、おいしい食事を楽しむことができる山形県米沢ドライビングスクール、設備が充実している長野県信州伊那自動車教習所、富士山が見える路上コースが魅力の静岡県スルガ自動車学校・・・このあたりが安いし人気の高い教習所のようです。

 

どれも見聞きするだけで魅力的な免許合宿教習所であることがわかるものばかりです。やはり、その教習所ならではの魅力というものがハッキリしているところほど人気も高くなっているようです。

 

だからといって西日本には魅力的な教習所がないのか。というわけではありませんよ。プランや料金で選んで最短期間で卒業できるようにしっかりと学科、実技の勉強をしてください。

 

 

有名観光地が必ずしも人気というわけではない

合宿免許に申し込みをするメリットのひとつに「観光も一緒に楽しめる」というものがよく挙げられる傾向にあります。せっかく普段とは違った環境にいるのですから。誰もが普段足を運べないところで思い出を作りたくなりますよね。

 

そのため、合宿免許においても全国的に知名度が高く、また人気の高い観光地にある合宿免許自動車教習所が人気なのではないかと割合思われがちです。

 

もちろん、まったく人気がないというわけではないのですが、おそらく多くの方が「え、ここなの?」と思うようなところが人気となっています。

 

やっぱり北海道いいよね。といっても冬の期間は雪があるので参加するにはとても厳しい状況ですし、夏場に熱いところで教習したくないという人もいますからね。

 

東日本でも新潟や山形、長野の教習所が人気というと意外に感じる方も多いことでしょう。西日本になると、大阪や京都をおさえて香川県かんおんじ自動車学校が高い人気を誇っています。

 

もしかしたら車の少ないところを選んでいる人が多いかもしれませんね。東京など車の多いところで初心者が運転するのは怖いですから、少しでも交通量の少ない場所というのも選択の一つなのでしょう。

 

いわゆる定番や王道の観光地ではないエリアの教習所が人気となっているのです。全体的な傾向を見ていると、設備が充実している教習所や景色などのロケーションを楽しめる自動車教習所での合宿が人気を誇っているようです。

 

観光のためだけに行くと考えるといろいろと悩んでしまうものの、あくまでも免許の取得という目的のもとで教習所を選んでいくとこのような結果になってくるのかもしれません。

 

こういった何かしらの目的がないと、なかなか行く機会がないという方も多い傾向にありますし、合宿免許というものをひとつのきっかけとして初めて訪れるという方も少なくありません。

 

最終的な目的は免許の取得ではありますが、こういった教習所選びというのもひとつの楽しみになってくるのではないでしょうか。

 

合宿免許は最短で卒業した場合でも約2週間ほど滞在することになります。貴重な体験と思い出がそこでできるわけなので、値段だけで選ばずにいろいろな角度から合宿免許先を決めることをおすすめします。

 

敢えて全く知らないところへ行くとか、毎日温泉に入れる宿泊施設を選ぶとかちょっとリッチにホテルに宿泊してみるとか。

 

合宿免許には楽しさがいっぱい詰まっています。安い合宿免許費用で教習所を最短期間で卒業し、観光もできちゃうなんてかなりお徳ですからね。

 

 

合宿免許での1日はこんな感じです。

自動車教習所における合宿免許とは短期間に集中して自動車免許の学科、技能教習を修了する方法ですが、具体的にどのような流れになるのかいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。

 

それはそうですよね。そもそも合宿自体経験することは少ないと思います。学生の部活で合宿を経験したことがある人は何となくわかると思いますが、そうでない人はさっぱりわからないでしょう。

 

せっかくなら合宿免許の1日の大まかな流れでもいいので知っておきたいという方のために、合宿免許での1日の流れをご紹介します。

 

 

032943

 

 

合宿免許での1日の流れ

合宿免許の1日の流れは、学生時代を思い出すといいでしょう。朝起きてまずは朝食を済ませます。

 

普段朝食は食べない人であっても3食プランに入っている人はその分の料金がもったいないし、途中でおなかが空いたからといってお昼まで食べることはできませんのでしっかりと朝食を食べましょうね。

 

教習所内に宿泊している人は徒歩で移動しますが、宿泊施設が離れている場合は送迎バスがありますので、送迎バスに乗って教習所へ向かいます。教習所に到着したら、受付を済ませ、教習に入ります。

 

他の教習参加者もいるので時間はしっかりと守りましょう。そうでないと送迎バスに乗り遅れたり、教習を受けることができずに予定内で卒業できなくなってしまいます。

 

教習は1時限が50分授業で、1日に5時限から6時限ほどの教習や学科を受けることになります。午前中の教習を終えたら、昼休憩でランチを楽しみます。

 

普段はランチも適当に済ませている方はこの合宿期間で規則正しい生活が身につくのではないでしょうか。

 

ランチ後には、午後の教習です。学科授業ではまさに学生時代と同じような感覚で勉強をしていくことになります。だいたい夕方くらいには午後の教習が終わりますので、終了後にはまた送迎バスに乗って宿泊施設に戻ります。

 

ディナーまでは自由時間があるので温泉のある宿泊施設では1日の疲れを食事前に温泉で癒しましょう。ディナーを楽しんだ後には、また自由時間です。

 

就寝時間までは、合宿免許を一緒に頑張る仲間と語り合うこともできますし、予習復習も大切なのでまずは最短の予定内で教習所を卒業できることを考えましょうね。

 

学生時代の修学旅行の場合には、起床時間も就寝時間も決まっていたでしょうが、合宿免許では起床時間も就寝時間も決まっていません。きちんと時間を守れるのであれば、基本的に時間の使い方は自由です。

 

だからといって夜更かしばかりしているとその付けは学科教習や実技教習に影響が出てくるのでほどほどにしましょうね。

 

 

意外に自由時間が多い

合宿免許というと、朝から晩までみっちり拘束されるというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかしながら、合宿免許というのは思っている以上に自由時間が多いものです。基本的には教習所での教習以外は時間があります。もちろん食事時間は決まっていますけど。

 

日によって教習の始まる時間も違いますし、場合によっては丸1日お休みの日もあります。朝ギリギリまで寝ることもできますし、早くに起きてお風呂に入るといったこともできます。

 

ディナー後には、もっとゆったりと楽しむことができます。あくまでも最短で最短期間で教習所を卒業することが目的ではありますが、こういった自由時間に娯楽を楽しむこともできますし、そのエリアの観光だって楽しむことができるのです。

 

合宿免許のイメージとしては学生時代の修学旅行が一番近いのですが、修学旅行よりもはるかに自由がききますので楽しみながら時間を過ごすことができます。

 

外に出たい人は出かけることもできますし、室内でゆっくりしたい人は室内でマイペースに過ごすこともできます。なので、持ち物も大切だったりします。

 

事前に何を持って行くのかどうやって過ごすのか計画を立てておくとかなり詰まった思い出ができることでしょう。おすすめですよ。

 

⇒ 自動車免許を最短期間で卒業するためのコツ

 

 

私の免許合宿体験談

合宿免許の体験談をご紹介します。合宿免許に参加した理由、その教習所を選んだ理由、合宿免許に参加して「良かった事」「悪かった事(嫌だった事)」、宿泊施設の感想、持って行って「良かった物」持って行けば「良かった物」などの感想なので参考にしてくださいね。

 

陸前高田ドライビングスクールでの忘れられない免許合宿

私が岩手県の陸前高田市にある「陸前高田ドライビングスクール」に免許合宿で入学したのは学生の頃、2007年の夏休みでした。

 

いわゆる貧乏学生だった私は、近場のドライビングスクールに通学するような金額もなく、安く短期間で免許がとれる合宿に魅力を感じ、友人とパンフレットを見て一番安いドライビングスクールを選びました。

 

東京から東北新幹線に乗り2時間、岩手県の一関駅に到着しそこからバスで揺られる事1時間半。山道を抜け海沿いの小高な丘の上にドライビングスクールはありました。よく言えば自然豊かな、悪く言えば何もない第一印象はそのような感じだったと思います。

 

陸前高田ドライビングスクールは地方のドライビングスクールで、合宿の生徒を多く募集しており、宿泊施設はスクールに男女別のものが併設されていました。

 

しかし当日不運な事に、卒業試験に落ちた生徒が多く、私たちが入る部屋がないとの事で、スクールからバスに乗り大船渡の民宿に泊ることになりました。

 

このことは結果的に良く、食事は大船渡の市場から仕入れた魚料理を堪能し、お風呂は浴場があり満足いくものでした。また一緒の部屋になった人たちとも仲良くなり、遅くまで酒盛りをしていた事をよく覚えています。

 

免許合宿のデメリットとして私が思う事は、「待ち時間が出来てしまうと、とことん暇」という事です。当時はトランプなど、皆で遊べる道具を持って行きましたが、1週間経つ頃には飽きてしまい、個人的には本や参考書などを持っていけば良かったと今では思います。

 

カリキュラムとしては一般的な免許合宿と同様に最短で14日、卒業試験に落ちれば順延していくシステムでした。詰め込み型という事もなく、学科、実技ともに教官の方には丁寧に教えていただき、非常にわかりやすかったです。

 

また知らない土地の情報なども世間話で聞き、陸前高田に愛着がわきました。肝心の卒業試験ですが、私は運悪くコースを間違え、友人たちよりも一日多く滞在をしました。

 

とはいえ特に追加費用がかかる事もなく、合計で15万円で卒業できました。交通費込みと考えると相当安いコースだったと思います。

 

そして2011年、東日本大震災がおきました。陸前高田市や大船渡は甚大な津波の被害をうけました。スクールは丘の上にあったため被害を免れ現在は復興のため様々な取り組みをしているそうです。震災があり当時の景観はなくなったため私の思い出は今でも色濃く残っています。

 

⇒ 陸前高田ドライビングスクール

 

 

ひと夏の思い出、六日町自動車学校での14日間合宿免許

大学2年の夏休み、学校の友人と2人で免許合宿に参加した時の体験談についてです。大学に入り、友人と車で遠出をする機会が増えました。
そこで免許取得に興味を持つようになりました。

 

しかし通いだと、途中で挫折してしまっている友人を何人も見てきていたので、短期集中型の合宿が自分には合っていると思い、調べていました。

 

同じころ、サークルの後輩も免許取得をしたいと話していたのを聞き、夏休みに一緒に合宿に行くことにしました。

 

そこから免許取得のために貯金を始めましたが、できるだけ経費を節約したかったので、地方の安い合宿場を調べ、総額15万円と一番安い新潟県の六日町自動車学校に申し込むことにしました。

 

さらに当時のキャンペーンで1万円のキャッシュバック付きというのもあり、実質14万円で免許が取れることはとても魅力的に感じました。

 

他にも、女性限定の合宿場というのも選んだ理由の一つです。2週間とは言え、他人と生活をともにするので、女性だけのほうが清潔な気がしたのと、余計な出会いがあるのも厄介だと思ったので六日町自動車学校を選びました。

 

前払いだったので、貯金から一括振り込みで支払いを行いました。前期試験が終わるのが7月30日だったので、次の日の31日から14日間のプランで申し込みました。

 

田舎での短期生活に不安もありましたが、部屋は越後湯沢駅から徒歩1分の場所にあり、周りにはコンビニやスーパーなどの商業施設なども充実していたので不便さは意外とありませんでした。

 

昼食はお弁当が出るプランだったので、朝ごはんはコンビニでパンなどを買い、行きのバスで食べ、夜ごはんはコンビニで済ませるか、駅前の飲食店で食べたりして過ごしました。観光地での日替わりの外食は、旅行気分で楽しかったです。

 

部屋は一緒に申し込んだ後輩と2人部屋で、洋室でした。建てられてまだ日がたっていないのか、施設はとてもきれいで、ベッドも清潔、テレビも見られる、エアコンで空調も快適、洗濯機も有料ですがきれいなものを使えるし、不便なことはありませんでした。

 

お風呂は共有でしたが、女の子同士なので安心して使うことができました。暇つぶしにと思い、トランプやUNOなどを持っていきましたが、やったのは初日だけで、暇なときはケータイをいじったり、後輩と話をしたり、他の部屋の女の子たちと交流したりして過ごしていました。

 

非日常な環境が楽しかったです。

 

後悔していることは、もっと気分が上がるような洋服やボディケアグッズなどを持っていけばよかったということです。

 

2週間ではあるけれど、やはり田舎での生活で退屈することも多かったので、少しでも自分の好みのものを持って行って気分転換ができたらよかったな、と思いました。

 

他の部屋の女の子との交流も少しはあるので、見た目に気を使っていたほうがもっと自信を持って話ができたかな、と思いました。

 

また、旅行鞄とは別で移動用にサブバッグを持っていったのですが、これは便利でした。A4サイズの教材と筆記用具、貴重品などを毎日持ち歩くのでぜひバッグは持ち物に追加してほしいと思います。

 

結果、後輩も私も期間を延長することもなく、14日間で合宿は終了し、総額15万円プラス毎日のご飯代、プラス行き帰りの交通費、総額20万円程で免許を取得することができました。

 

合宿で出会った女の子たちとは、その後数回、東京で再開したりしましたが、結局は疎遠になってしまいました。でも、ひと夏の出会いとして、とても良い思い出になっています。合宿での免許取得はとてもお勧めです。

 

⇒ 六日町自動車学校

 

 

合宿で自動車免許取得の思い出

私は大学在学中の21歳の頃に、春休みを利用して茨城県内の自動車教習所で約2週間の免許合宿に参加して来ました。当時、合宿の受講生が男女全員で何名居たかまでは詳しく把握はしていません。

 

また、合宿免許もプランによって料金は異なりますが大部屋と個人部屋での生活を選べることが出来、誰がどのような生活を過ごしたか把握出来ませんでした。

 

私自身の部屋は大部屋で、同じ部屋に50代から自身より年下の20代で構成された8名で2段ベッドが4つある寝室が1部屋にテレビや机がある居室がある部屋が2部屋、あとトイレという環境で合宿生活をしました。

 

合宿の内容は免許取得に向けて、座学から実技までを学校の授業のように時間割通りの生活をこなしていき、授業が無い時間は基本自由で、部屋で過ごすのも良し、空いている教室で勉強するのも良し、また敷地外に出かけることも良いのですが…茨城県だからか周囲には何もありませんでした笑。

 

また茨城県という地域柄もあってか、授業などで話す教官の口調は早口且つ訛っており、時折何を話しているか理解に苦しむときがありました。また、リーゼント頭に腰パン履きの怖そうな雰囲気を出している受講生も居ましたが、自身とは同じ部屋ではなかったので良かったと思いました。

 

ただ、幅広い年齢層が居る団体生活で、自身の部屋では自然と喫煙者と非喫煙者喫煙者でグループ分けがされてしまい、自身を含め少数派だった非喫煙者のグループが煙を避けるために肩身の狭い生活をしたと言う印象が思い出として残っています。

 

また、大部屋だったので他の人のいびきによって、満足な睡眠が得られなかったことも印象にあります。

 

それでも合宿生活内で起きた不安や疑問についてや授業や実技、そして試験について、教官以外に自動車教習所のスタッフ以外に相談出来る存在が身近に居たのは非常に心強い存在でした。

 

そのため、私自身は卒業試験に1度落ちてしまい、ストレートで卒業した同部屋の受講生は一足先に帰ってしまい、次の卒業試験までの数日間を大部屋に1人取り残されたときは非常に不安で寂しい思いをしたことは今でも忘れもしません。

 

⇒ そのほかの合宿免許体験談

 

 

おすすめ最短合宿免許

⇒ 合宿免許プラス
■安心できる合宿免許20年の老舗
■紹介数20万人の実績を持つ超老舗合宿免許紹介サービスです。合宿という慣れない環境で不安を感じる方へのアドバイザーが相談いつでも困ったことなどの相談に乗ってくれます。なので合宿入校後のサポート体制も充実しています。安い・早い・楽しい合宿プランや簡単手続きのクレジット(ローン)も利用できるのがいいですね。
⇒ 合宿免許ドリーム
■最短の込み込みが人気
■合宿免許ドリームは、教習料金・宿泊料・食事代・往復交通費が合宿免許の料金に込み込みなので、とってもお得です。合宿免許に参加したいけど遠くてその交通費がもったいない。。食事代が。。。といった余計な心配は無用です。お小遣い少々あればいいかな。最短日数で学科・技能が取得できるプログラムで最短14日間でスピード合格!
⇒ 免許合宿ライブ
■合宿免許ランキングが便利
■新着申込情報があるのでリアルタイムで大学生、高校生、専門学校生、フリーターの方がどの自動車学校に予約したのかがわかるようになっているので検討しているものと簡単に比較することができるので便利です。高校生で検索をすると7月8月はやはり夏休みで多いですね。と、すぐにわかります。
⇒ 合宿免許受付センター
■追加料金一切なし!?
■追加料金一切なしの完全保証(検定料も含む全教習費用、宿泊費用、1日3食の食事など卒業までをフルサポートしてくれるので安心ですね。リゾートマンションタイプ、シティホテル、ビジネスホテルなど選べるので退屈しないしおいしい食事を食べて、合宿免許の合間の休日には周辺観光に便利な教習所が見つかるでしょう。

 

 

免許合宿ライブ

 

 

投稿日:2016年6月4日 更新日:

Copyright© 合宿自動車免許を最短で卒業するために , 2017 AllRights Reserved.